黒翼s&刹那sの気まぐれMMO日記

MMORPG ラテール[9]:[1]メイプルストーリー 活動履歴なブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

天界戦記 ~魔界戦記外伝~

*謎の女*

-魔界:獄界門-

黒翼:やれやれ・・・こんな門さえなければ一気に魔界を潰せるというのに・・・

御兎:魔族も同じことを思っているでしょうね。

如月神夜:天界門さえなければ神魔対戦は敗戦していた。ということですね。

黒翼:まあいい、魔界に入るか。

魔界に足を踏み入れる3人の天使。
獄界門を通り抜けるには[天使]としての力を封印しなければならない。
天界門のように魔族を拒絶するような力は無いものの、天使にとってはやっかいな存在である。

??:お待ち・・・して・・・・いました

獄界門を通った3人を待ち受けていた人物がいた。
黒いローブで身を包み、顔を始め素性は全くわからないが、声からするに女性のようだった。

黒翼:我々を排除しに来た・・・というわけでもなさそうだな。

如月神夜:油断してはいけません。

??:私は・・・・リセリア・・
   リセリア・ジュデス・・・魔王軍十神将の一人・・・・・です

黒翼:十神将が天使たる我々に何の用だ?

内心、黒翼は気圧されていた。
このリセリア・ジュデスと名乗る女性の内に秘めた魔力の巨大さに畏怖すらしていた。
3:1という圧倒的有利な状況にあるにも関わらず、獄界門の外であったとしても
下手をすれば相討ちになる。そう思わせる程にリセリアの魔力は巨大だったのだ。

リセリア・ジュデス:貴方達の・・・目的に・・・・・協力・・・・・・・・します

黒翼:!?

御兎:我々が何故魔界に来たのか知っているような言い方ですね。

黒翼:貴様の目的は何だ!

リセリア・ジュデス:私は・・・・・・大いなる・・・意思の・・・・ままに。

如月神夜:魔族である貴女が神の意思を尊重する。と?

リセリア・ジュデス:いいえ・・・・貴方達は・・・・・何も・・・知らないの・・・・・・ですね

黒翼:神以外にも大いなる存在がいるとでも言うのか!

リセリア・ジュデス:そのうち・・・わかる時が・・・・・・・きます

黒翼:くっ・・・・

御兎:どうしますか・・・?

如月神夜:魔界の協力者がいれば私達の目的も早く進められるとは思いますが・・・

黒翼:腑に落ちない点はあるが・・・仕方ない。
   魔界の情報も十神将が味方につけば楽に集められるのは事実だ。

リセリア・ジュデス:では・・・・・こちらへ・・・・どうぞ

魔界へ入った天使3人は、十神将リセリアを協力者として迎え、
そしてリセリアの案内のもと、身を隠すに最適な場所へと向かった。

神ではない、大いなる意思の元に天使達に協力すると言うリセリア。
その言葉に困惑しながらも、黒翼達は魔界攻略の一歩を踏み出した。



次回予告

*全てを識る者*

神の命で、とある場所へと向かう刹那と真奈嘉。
そこは天界、魔界、人間界のどこにも属さない未知の場所だった。

刹那:なるほどねぇ・・・だヵら純粋な魔導師のぁたし達がここへ来させられたのね。

真奈嘉:色々と複雑ダネェ・・・

その場所で出逢った者が語る真実。

??:狭間の世界へようこそ。
   ここは生きることも死ぬことも出来なかった者達が迷い込む世界。
   本来、貴女達のような意思の強い者がここへ迷い込むことは無いのですが・・・

そして物語は新たな局面を迎える。
天界戦記 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<天界戦記 ~魔界戦記外伝~ | HOME | 天界戦記 ~魔界戦記外伝~>>

この記事のコメント

お♪ 何気なく見てみたら更新されてた♪
ラッキーww

しかもまさか、
ここでリセリアさんが出てくるとは思わなかった♪
僕の設定以上に優遇されてる印象ww
めっちゃ強キャラ~♪w


では次もガンバって下さいまし♪
2010-05-17 Mon 23:36 | URL | ハルト [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。